最初のご挨拶

こんにちは、(最初の方は、はじめまして)副業動画ブログを作っているものです。

このブログでは、みなさんの副業や投資、転職など、“お金と仕事”に関する悩みを解決すべく立ち上げました。

どうぞ宜しくお願いいたします。

生誕から今

「うきゃー!」と生を受けた瞬間、「あ、、、すげー田舎に生まれちった、、、」と気づく。なんとなーくの学生生活で、そこそこの勉強して、恋愛とかして友達と遊んでいただけの18年の田舎暮らし。高校時代に、mens eggというギャル男雑誌に触発され、「オヤジ、話がある・・・おれ・・・東京で学問を極めたい(本当は渋谷で遊びたい)」と上京を決意。

東京の三流大学経営学部に見事合格。奨学金で車買って千葉と神奈川にサーフィン三昧の大学生活。案の定、大学の授業で覚えていることはほぼ皆無に等しく、大学4年の時に、宅建士の講座を姉の勧めで受講し、奇跡の合格。卒業した後、新卒で不動産の営業職に就く。

1社目(22歳):不動産営業
一部上場会社というブランドと、新卒からいきなり月収29万円+宅建手当1万円+歩合の高配給にまんまとそそのかされ、地獄のような体育会系飛び込み営業とテレアポに明け暮れる。毎日上司に怒鳴られ受話器で殴られ、夜中まで訪問営業するという、ありがたき社会の厳しさ、営業のきつさ、業界の暗黒さを経験。休みが2ヶ月に1回程度しかなく、「わし・・・死ぬかもしれん」と思い転職を決意。

2社目(24歳):ネットコンサルティング
大学時代の友人がIT系で働いていて「これからはITだって!」とうざいぐらい聞かされてるうちに「そうなのかな」と素直に思い込まされ、思いっきり営業職からコンサル業へキャリアチェンジ。ちょうど、USENの宇野社長、ライブドアのホリエモンとか、サイバーの藤田社長とかがめちゃ人気沸騰してる時期で、なんとなく華やかな業界でキラキラして見えたのもあり。

3社目(27歳):独立起業。なんちゃって社長に就任。
「あ、おれいけんじゃね?」と調子に乗って起業。EC運営やネット集客、広告に関していちをそこそこの経験と実績を積んだので、独立を決意。初めての登記。司法書士から受け取るハンコ、なんとも感慨深い経験をした。

しかしながら、所詮若造が勢いで始めた会社なので、請求処理もできないし、振込遅れるわ、睡眠時間3時間だ、客からはコンサル費値切られるわ、貯金は10万円で底をつくわで、もう精神的にも肉体的にもきつくなって普通に会社員として再度働くことを決意。というか家賃が払えなくなって、まじやばく極限状態に立たされただけ。

友達に「お前の会社、早く潰れろw」と冷やかされながらも、なんとか30過ぎた今も仕事を続けられているが売上下がってきてしまい、生活のために転職(orz)。今は会社員として働きながら、副業で自分の会社を虫の息で経営している。

4社目(28歳):大手広告代理店
広告が好きだったのもあり、大手の広告代理店に滑りこむことができた(奇跡)。「神はおれを呪ってるのか」と思いたくなるほど、そこがまたブラックで深夜残業の毎日で会社で寝泊まりするような日々を送る。

とうとう血尿が出始め、当時の彼女との結婚も考えていたので、収入は安定していたが、健康面と将来性を考え、精神的に安定した職種を探すように。

5社目(31歳):マーケティング会社
前職の広告経験を活かし、マーケティング会社のデジタルコンサル業務に参画している。

やりがいはとにかく新しいビジネスの発足が日々起こっているのと、おもしろい人たちとの出会い。一番の楽しみは昼休みにラーメンを食べに行くこと。なんとかまあ楽しく仕事できてる今が幸せかな。

友達に感謝、家族に感謝、お客さんに感謝で、好きな仕事ができてる今に感謝。

これからも子供の頃に、夢中でカブトムシの幼虫探したり、友達とボールを追っかけてた時のわくわくした気持ちで仕事を楽しんでいきたい。

仕事が遊びに。遊びが仕事に。

YouTube
Twitter