ども、うみはらです。

今日は金持ち父さん、貧乏父さんで有名なロバートキヨサキさんの

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる」

を読んだ感想をレビューしていきたいと思います。

まず、この図を理解しないことには話しは進みません。

E|B
ーー
S|I

4つのクワドラントに分けられるのですが、1つずつ解説していきます。

4つのクワドラントとは

E:employee

・属性
会社員
公務員
フリーター

・特徴
労働したぶんだけ労働し多分の給料がもらえる
給料、保険など安定を好む傾向あり

S:Self employed

・属性
個人事業主
医者
弁護士、税理士
フリーランス
ブロガー
YouTuber

・特徴
自分で働いて稼ぐ=自分で働かないと稼げない
自分で仕事を選んだりコントロールしたい

B:business owner
人を働かせ、仕組みを作り稼ぐ人たち

・属性
経営者
漫画家
版権保持者

・特徴
優秀な人を雇ってビジネスを立ち上げる人
自分が働かなくてもよい仕組みづくりをする人

I:investor

・属性
投資家
資産家
地主

・特徴
お金を働かせて稼ぐタイプの人
従業員、自営業にお金を投資して稼ぐ

トレーダーの誤解と注意点

トレーダーは、I(投資家)ではない。

トレードで稼いでる人は、一見、投資家(Iクワドラント)に思いがち。

でも、トレーダーって自分で手を動かしてトレードしないとお金を稼げないわけで、時間が拘束されてるんですよね。その点、労働と言えます。

本当の投資家は、お金だけ渡して自分の時間や労働は一切使わないレベルの人たちなんですね。

結論|右側のクワドラントを目指そう

「早くお金持ちになりたい!」

と思うのであれば、はっきり言って

「早く左から右側へ行け!」

って話しです。

E|B
S|I

結局、我々ほとんどがEクワドラントの従業員か、SEOクワドラントの個人事業主なわけです。

お金持ちになりたいって思ったところで、意外とみんな切磋琢磨に自分の時間を消費して労働で稼いでるわけです。

ですんで、右側のB、Iクワドラントにシフトしていくことが、ほんとの意味で、時間や労働に縛られないお金持ちってことになります。

とはいえ、まあ、労働しないで稼ぐってのを目標にしてもすぐにはその仕組みを作れないと思います。

ですから、少しづつ従業員としてスキルを身につけながら

個人事業主として稼げるようになる→Sクワドラント
ビジネスオーナーとして稼ぐ仕組みを作る→Bクワドラント
大きく動かせる資産を作って投資家になる→Iクワドラント

という流れが最短最速のお金持ちであり、豊かな人生を手にいれる術なのだと思うわけです。